映画「ミッドナイトスワン」日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞!!

バレエ映画「ミッドナイトスワン」バレエ鑑賞のいろは
この記事は約5分で読めます。

2020年9月25日に公開された映画『ミッドナイトスワン』が、日本アカデミー賞最優秀作品賞を受賞しました!そして、凪沙役を演じられた草彅剛さんが、最優秀主演男優賞受賞!

内田英治監督、ご関係者の皆様、そして、ファンの皆様、

本当におめでとうございます!!

『ミッドナイトスワン』公式Twitterより

バレエ監修、千歳美香子さんのインタビュー

昨年9月頃だったと思いますが、「ミッドナイトスワン」にレッスン曲を提供された蛭崎あゆみさんに声をかけていただき、バレエ監修をされた千歳美香子さんのインタビューをさせて頂く機会を頂きました。蛭崎さんには、私が小林紀子バレエシアターで踊っていた頃に、ピアニストとしてレッスンを弾いてくださっていました。私がスポーツ雑誌などのインタビュー記事を書いていることを知って、声をかけてくださいました。

バレエ映画の監修といえば千歳美香子さんということで、私は現役時代からお名前を知っている程度でしたが、今回のインタビューをきっかけに、映画のことだけでなく、今のバレエのことや踊り方のこと、表現の仕方など、いろいろなお話を千歳さんに伺うことができました。狭いバレエ業界で共通の知り合いも多く、映画とは関係のないことも含めて3時間くらい楽しくお話しさせてもらいました。

インタビュー - Mediaphorie [メディアフォリ]
バレエレッスンCDのセレクトネットショップです。フランスのバレエレッスンCDレーベル「メディアフォリ」の所属ピアニストのCDを御紹介します。

インタビューに先駆けて「ミッドナイトスワン」の試写映像を拝見し、トランスジェンダーについて深く切り込んだ内容と、バレエシーンのリアルさにとても心を打たれたのを今でも忘れられません。内田英治監督の、人間の心の底を引き摺り出すような奥深い作品に出会えたことがとても光栄でした。

バレエ大好きトークライブ

そして、映画が昨年9月25日に公開された後、バレエ映画としての完成度の高さを多くの方にお伝えしたいと思い、Youtubeで「バレエ大好きトークライブ」をやらせていただきました。蛭崎さんのバレエピアニストのことや、千歳さんのバレエ監修としてのこだわりや想いを少しでもお伝えしたいと、お二人とご関係者の皆様にご協力いただいて実現した初めてのトークライブでした。

バレエをよく知っている人ほど、バレエ映画やバレエドラマは見ない傾向が強いようです。なぜなら、本物のバレエには程遠い映像が多く、気持ちが冷めてしまうからです。その気持ちは私もよく分かります。ただ立っているだけでも、歩くだけでも、手をアラベスクに伸ばすだけでも、バレエのレッスンを正しくやっているかどうかが一瞬の仕草でわかってしまうからです。

「ミッドナイトスワン」は、本格的なバレエ映画として見てもらいたい作品です。一果役の服部樹咲さんは、バレエダンサーを目指してコンクールに出場するほど毎日レッスンをしてきた方で、物語と同じような実力の持ち主。千歳さんがバレエに関わる全てを取り仕切り、バレエシーンを一つひとつ丁寧にチェックして、ダンサーも衣装もスタジオも背景もセリフも全てバレエの世界をそのまま詰め込んだ映画になっているのです。

千歳さんが全てのバレエシーンを丁寧に作り上げられたのは、その細部に亘るこだわりを許容するだけの大きな器が製作チームにあったことだと、お話を伺う中でとてもよくわかりました。映画の製作には、時間や予算などの制約があり、どれだけバレエシーンに割くことができるか、というせめぎあいがあったはず。その中でここまでバレエシーンの完成度を高くするために労力を割いた映画はあまりないと思います。「バレエ映画」としても素晴らしい作品であることは間違いありません。

日本アカデミー賞9部門受賞

2020年9月25日以来、3月16日までの総動員数は52万308人、総興行収入は7億1千676万5670円という奇跡のロングラン上映となった「ミッドナイトスワン」が日本アカデミー賞で受賞したのは、以下の9部門!

・最優秀主演男優賞:草彅剛
・最優秀作品賞:内田英治監督

・新人俳優賞:服部樹咲
・優秀監督賞:内田英治監督
・優秀脚本賞:内田英治監督
・優秀撮影賞:伊藤麻樹
・優秀美術賞:我妻弘之
・優秀照明賞:井上慎吾
・優秀録音賞:伊藤裕規

あらゆる分野の専門家の方々が細部まで丁寧に、強いこだわりを持って、愛情を込めて作り上げられたミッドナイトスワンチームワークの結果なのではないかと思います。

ご関係者の皆様、ファンの皆様、本当に本当におめでとうございます!!

追いスワンのすゝめ

DVD・Blu-ray「ミッドナイトスワン」

日本アカデミー賞最優秀賞のニュースを受けて、再上映される映画館も増えると思いますが、アカデミー賞発表の前日の3月17日からDVD・Blu-rayの予約販売が始まりました。

「ミッドナイトスワン」Blu-ray/DVD
「ミッドナイトスワン」Blu-ray/DVD 価格 Blu-ray ¥6,200(税込¥6,820) DVD ¥5,700(税込¥6,270) 商品詳細 2枚組デジパック・クリア型ブックケース入り ❶ 本篇ディスク約12

メイキング映像も交えながら、草彅剛さん、服部樹咲さん、内田英治監督のインタビューのほか、劇場公開作品には入りきらなかった未公開シーンの映像を内田監督の解説とともに収録してくださったそうです。さらに、凪沙と一果の未公開・初公開カットのポストカードも封入されており、ミッドナイトスワンファンには購入必至の逸品ですね。

小説「ミッドナイトスワン」

内田英治監督が書き下ろした小説もおすすめです。一果がバレエと出会った過去のことなど、それぞれの登場人物の背景を知ることができ、追いスワンをする楽しみが倍増します。

文春文庫『ミッドナイトスワン』内田英治 | 文庫
トランスジェンダーに芽生えた愛と母性の物語 人間は愛のためにどこまで自己を犠牲にすることが出来るのか。草彅剛がトランスジェンダーを演じた話題の映画を、監督が自ら小説化。

まだしばらく上映が続くと思いますが、新人で華々しくデビューした服部樹咲さんの今後の活躍も楽しみですし、すでに大河ドラマでもご活躍中の草彅剛さんのさらに幅広いご活躍も楽しみです。

また、私事で恐縮ですが、「ミッドナイトスワン」をきっかけに、劇場へバレエを観にいらしてくださる方がいらっしゃったら嬉しいなと思っています。題材になっている『白鳥の湖』を知ると、さらに「ミッドナイトスワン」の奥深さ、内田監督の深い解釈に気付くこともあると思います。バレエの面白さや魅力が、いろんな形で多くの方に伝わったら嬉しいです。

改めて、「ミッドナイトスワン」数々の受賞、おめでとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました